2014年7月30日水曜日

SOtM「sMS-100」

ネットを漂ってて面白いネットオーディオコンポーネントを見つけました。
SOtM「sMS-100」って言います。

入力は LAN 端子のみ。
出力は USB 端子のみ。

入力側には LAN に接続された PC、Mac、NAS が繫がります。
また、出力側には USB DAC or DDC を繋ぎます。

汎用的なシングルボードコンピュータをオリジナルなエンクロージャに収め、Fedora Linux 上に DLNA、AirPlay、SqueezeLite、MPD、HQ Player NAA という5つのモード毎のソフトウエアを搭載。それらを、"Small Green Computer" というところが開発した"Sonic Orbiter" というソフトウエアでコントロールしているみたいです。

このあたり、情報が少ないので間違ってるかもしれません。(汗

モード選択により、DSD を含む主要なファイル形式に対応することが可能で、 それぞれのモード毎に、PCやスマートフォン、タブレット向けのコントローラを使うことができるようです。コントローラが統一されていないのは、ややこしいかも。

複数のモードを使い分けるのではなく、自分に合ったモードを見つけて固定した方が良いかも知れません。

音質は、これ自身に個性があるというのではなく、もっぱら接続した DAC のクオリティに左右されるとのこと。

ただし、複数のモードに対応した全てのプロセスが同時に稼働することはないにしても、システムが複雑であり、多様性と利便性とのバーターで lightMPD を始めとするピュアな MPD システムと比較すれば、音質的に劣ることが想像できます。

その代わり、圧倒的に容易に Linux オーディオシステムが手に入ります。


とは言うものの、パソコンにサーバソフトをインストールする必要があったりして、同価格帯のネットワークプレーヤーと比較すると、導入の敷居は少し高いです。

なんだか、これ書いてる内にユーザー像が分かんなくなっちゃいました。(^^;

Linux オーディオに関心がある層は自分でシステム組んじゃうだろうし、一般的なネットワークオーディオに関心がある層には、例えば NANO-NP1 の方が魅力的に見える気がします。

ん〜、誰なんだろ、これ買うのって。
自分的には Linux オーディオを知らなければ買ったかもしれないと思うのだけれど・・・

おっと、否定的なこと書いちゃいましたけど、海外のレビューでは相当ハイレベルな DAC と組み合わせても実力的に劣ることはないと評価されているようなので、誤解の無きよう(^^

あっと、それから専用のエンクロージャは、例えば BBB の各種エンクロージャと比較するとカッコイイです。これ大事ですよね。

いずれにしても、選択肢が増えることは、ネット(PC)オーディオの普及にとって喜ばしいことです。

ということで締めることにして、誰か買ってインプレしてくれないかな。(^_-)-☆

0 件のコメント:

コメントを投稿