2015年4月21日火曜日

「はじめてのももクロ」を見て

TV の歌番組を見ていて、ももクロが出てくると殺意を覚えるくらい嫌いです。(^^;
とにかく歌が下手すぎます。

ももクロは全力でがんばっているから歌は下手でもいい、というのがファンの言い分のようですが、ただ良い歌が聴きたい音楽ファンとしては、数少ない TV の音楽番組で騒音に等しい声を聴かされると、本当に逝ってよし!と思ってしまいます。

長い間 TV の音楽番組は見ていなかったのですが、BABYMETAL と Little Glee Monster を好きになって久しぶりに日本のポピュラーミュージックも聴くようになり、音楽番組も見るようになりました。

そんな自分が、何を血迷ったか BS 11ch の「はじめてのももクロ」という番組を見てしまいました。

ドキュメンタリーっぽい番組だったので、なぜももクロみたいなグループが生まれてしまったのか、それが知りたいって気持ちもありました。

結局最後までは見なかったのですが、途中まで見て、「やはり大嫌いだけどメンバーの5人に罪はない」んだよな、と気づき、メンバーに対する殺意が消えました。^^;

才能に恵まれない子がアイドルになるために一生懸命努力している姿を「演出」するために、あえて歌がうまくならないように仕向けられて来たんだから、そりゃ下手なわけです。

元々歌の才能がない子を集めてろくにレッスンもしていないのですから。

「売るため」に巧妙に仕組まれた下手さな訳ですね。

日本以外の国では、「下手さを売る」なんて戦略が成功するはずがないのですが、「ももクロ」プロジェクトが大成功しちゃう日本、本当に不思議な国です。

しかし、成長過程を売るために「成長の速度を異常に遅くして」ファンを獲得してきたももクロですが、メンバーが次々と成人している現在、さすがに新規にファンを増やすのは限界なんじゃないでしょうか。

現在ファンである皆さんも、多分、幼い少女ががんばっている姿に感動してファンになったのだろうと思います。

彼女たちの歴史を知っている人たちだけが、現在の彼女たちの「全力パフォーマンス」に共感して感動できるのだと思います。

実際、彼女たちのパフォーマンスを「才能が溢れている」と評する向きがありますが、第三者的に見ると、それって、伝染病みたいなファンだけが抱く共同幻想だと思います。

あ、また悪口ばかり書いてますね、まだ書きたい事はあるのですが、まとまらないのでこの辺にしておきます。

*「殺意」は冗談です ^^; 。本気にしないでくださいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿