2014年5月25日日曜日

日本のム*ド

理由は不明だけどヤフオクに新品が何台も流れていた某社のプリアンプ。
本命のブツが落札できなかったので勢いで落札してしまいました。

なんと新品が定価の4割以下!
 何台か出品された中でも多分自分が最低落札額。満足感に浸りながらブツが届くのを待つこと2日。

届きました。スーパーカブに積まれて。^^;
この時点でちょっと嫌な感じがしたのですが,郵便のおじさんが片手でひょいひょいと運んで来るじゃありませんか,アンプを。(プリとは言え。)もう嫌な感じ満開。

手渡しで受け取って愕然。重さが無い。^^;
今まで国産のプリメインアンプを使ってきた身としては信じられない軽さです。
恐る恐る開封するとミニマムサイズのクリスタルブラックの塗装が麗しいプリアンプが現れました。

やはり凄く軽い。それに予想より二回り小さい。(見た目は良い。)それが第一印象。
早速結線。軽すぎて取り落とさないように気をつけながらラックに設置。

結線を終え,音出しです。パワースイッチをON。”ぺちん”というなんともお安い音。
うぅ,,不安がよぎります。

ボリュームを上げて(ボリュームは軽いけど感触は悪くない。)・・・音が出ました。

・・・・・・・・・
良いじゃないですか!今まで真空管方式のボリューム付きパワーアンプの音に結構満足していたのですが,プリアンプを加えることで音が艶やかになり&空気感も増した感じです。
軽さと操作感のチープさからは信じられない良い音です。

プリアンプを加えたことで残留ノイズは倍になったし,操作を間違えると盛大なポップノイズが出てスピーカを壊しかねない心配も出来てしまったのですが,それを補って余りある効果です。

それでもあまりに安く,あまりに軽くあまりにチープな操作感なので,もしや大陸産のパチモンを掴んだのかも,とも思ったのですが,ネットで調べた限りではどうやら本物のよう。

そして,あるサイトでこのメーカーのことがこう例えられていました。

日本のGol*mu*d。

確かに。

今回落札したプリアンプの中身。


そして,mu*d社の低価格パワーアンプの中身。


似てる。(笑い)
そしてこんな中身なのに音が良いことも似てる。

驚愕から始まったプリアンプ導入劇ですが,結構な音質改善ができたので,結果オーライでしょうか。

操作には気をつけないと色々壊しそうですが・・。



0 件のコメント:

コメントを投稿