2016年11月6日日曜日

apu2c4 の BIOS アップデート

備忘録です w

用意するハード
apu2c4
Windows PC (7がベスト?)
USB-RS232C変換コンバーター
RS232Cリバースケーブル
USBメモリー


必要なソフトウエアのダウンロード
Tera Term
https://ja.osdn.net/projects/ttssh2/
TinyCore Linux のインストーラー
http://pcengines.ch/howto.htm#TinyCoreLinux
apu2c4 の最新版BIOS
http://pcengines.ch/howto.htm#bios


ダウンロードした Tera Term を PC にインストール。

USB メモリーを PC にセットし、ダウンロードした "apu-bootable-usb-installer_v1.6.exe" を実行。

完了したら、ダウンロードした最新 BIOS を USBメモリーにコピーして PCから取り出す。

PC --> USB-RS232C変換アダプター --> RS232Cリバースケーブル --> APU2C4 と接続。(APU2C4の電源はまだ入れない)
*USB-RS232C変換アダプターのドライバーをインストールが必要な場合あり。


PC のディバイスマネージャーを使って、"USB Serial Port" が使っている COMポートを調べてメモ。

Tera Term を起動。

新しい接続から「キャンセル」をクリック。

「設定メニュー」から「シリアルポート」を選択。

「ポート」を先ほどメモした COMポート番号に変更、「ボー・レート」を "115200" に変更し、「OK」をクリック。

Tiny Core Linux をインストールした USBメモリーを apu2c4 に挿し、apu2c4 の電源を入れる。

Tiny Core Linux の起動メッセージが終了したら、

flashrom -w apuxxx.rom -p internal
( "apuxxx.rom" はダウンロードした BIOS の名称)

と入力すれば BIOS の更新が開始!されるはずだがされなかった(笑)

USBメモリーがマウントされていないようなので、

sudo fdisk -l

で、USBメモリがどのように認識されているか調べ(今回は/dev/sda1)、マウントする。

sudo mount /dev/sda1 /media

"/media" に移動。

cd /media

改めて

flashrom -w apuxxx.rom -p internal

を実行。

めでたく BIOS の更新成功(^^)





0 件のコメント:

コメントを投稿